スーパーフードをランキング別にその効果に迫る!

アサイーやチアシードなど今世間でよく言われる「スーパーフード」をランキングに表し、出たランキングの食べ物の効果も合わせて調べた。そもそもスーパーフードって何なんだ?と気になるだろう。その気になる答えも見つけておいた。早速読んでほしい。

スーパーフードとはどんなもの?

世間では、いきなり「スーパーフード」という言葉が言われるようになった。そもそもスーパーフードって何なんだ?アサイーやチアシードがスーパーフードであることを聞いたことがあるのではないだろうか。アサイーやチアシードがスーパーフードと呼ばれるようになった理由を調べてみた。

スーパーフードの始まりはいつから?

「スーパーフード」という言葉が使われるようになったのは、1980年代だ。最近出てきた言葉かと思えば、もう30年以上になるから驚きだ。発祥の血は、アメリカやカナダだ。食事療法を研究する専門家や医師の間で使われるようになったのが始まりとされている。「スーパーフード」という言葉が一般的にも使われるようになったのは、2009年のデイヴィッド・ウォルフ(ローリビングフードのカリスマらしい)が書いた『スーパーフード』という著書からだ。

食品定義と基準について

では、何がスーパーフードとなりえるのか、一定の基準や定義が設けられている。日本スーパーフード協会が示しているから、そこから紹介しよう。

まずは、定義について。

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食べ物より栄養価が高い食品であること。もしくは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食べ物であること。
  • 一般的な食べ物とサプリメントの中間のような存在である食べ物のことで、料理の食材かつ健康食品としても用途をあわせもつこと。

次に一つの食べ物がスーパーフードとなる基準について。

『何世紀にも渡り、人々の健康を助けてきた食べ物であること。その食べ物により人体に及ぼす可能性や問題が解明されていること、その安全性に不安をもって食べる必要がないほど信頼がおけるもの』ということだ。

モデルや芸能人にも大人気

モデルと言えば、美容や健康、スタイルに非常に気をつかう職業だ。

  • 一つの食べ物で美容にも健康にもいい
  • サプリメントではなく、できるだけ自然に近いものを摂取したい
  • 栄養面を気遣いたいけど、食べ過ぎで太りたくない

となれば、スーパーフードはモデルや芸能人の願いを叶えるよい食材だ。人気があるのも納得がいく。

主なスーパーフードリスト

  • スピルリナ:免疫力向上・眼精疲労軽減・美容・アレルギーの抑制
  • アサイー:アンチエイジング・美容・眼精疲労軽減
  • カカオ:アンチエイジング・生活習慣病対策・疲労回復
  • カムカム:アンチエイジング・美肌・美白・疲労回復
  • ココナッツ:むくみ対策・貧血予防
  • クコの実:冷え性・代謝改善・アンチエイジング・美肌・眼精疲労軽減
  • ブロッコリースーパースプラウト:ガンや生活習慣病予防・美肌・ダイエット
  • マカ:女性ホルモンを増やす・アンチエイジング
  • チアシード:ダイエット・美肌・アンチエイジング・アレルギーの抑制
  • ヘンプシード:美肌・ダイエット・生活習慣病予防・アレルギーの抑制

以上10品が日本スーパーフード協会が推奨するプライマリースーパーフードだ。

 

他にも注目したいスーパーフードがある。2017年春夏に注目を浴びそうな10品だ。

  • アセロラ・ゴジベリー:美肌・美白・アンチエイジング
  • 進化系スピルリナ:腸内環境の改善などスピルリナと同じ。色が青い。
  • 米ぬか油:コレステロール低下
  • 大麦(もち麦):腸内環境を整える
  • メープルウォーター・バーチウォーター:デトックス効果
  • カカオニブ:エイジングケア・リラックス効果
  • シーバックソーン:美容効果・アンチエイジング
  • ローストチア:チアシードと同様。膨らまないところがチアシードと異なる。
  • ビーポーレン:花粉症などアレルギー対策
  • スプラウテッド・アーモンド:アーモンドを発芽させたもの。血液サラサラ

人気ランキングとその効果

では、気になるスーパーフード人気ランキング5位までとその効果について紹介しよう。

1位 アサイー 効果と食べ方

<効果>

アントシアニン(抗酸化作用が強い)がブルーベリーの約18倍もある。抗酸化作用が強いことから、肌にハリとツヤをUPさせ、アンチエイジングの効果が期待できる。また、眼精疲労にも効果がある。他にも便秘解消や冷え性対策、高血圧改善や貧血回復もある。ホルモンバランスを整える効果もあるというのだ。

<食べ方>

アサイーの難点が酸化しやすいことにある。そのため、新鮮なドリンクやアサイーボウルがいいだろう。アサイーボウルとは、アサイーピューレにフルーツや牛乳・グラノーラを一緒に盛り付けされた食べ物だ。

 

2位 ココナッツオイル 効果と食べ方

<効果>

体についてしまった脂肪を減少させる効果があることからダイエットに。便秘解消も期待できる。他にもコレステロール値を下げたり、糖尿病の予防・改善、免疫力を高める効果もある。肌にも効果的だ。美肌・美白効果もあったり、アトピー対策にもよいようだ。

<食べ方>

必ず、エキストラヴァージンオイルを選んでほしい。新鮮で自然のままのオイルだからだ。パンに塗るものいいし、サラダにかけてドレッシング代わりにしてもいい。飲み物に入れて混ぜたりするのもできるぞ。

3位 チアシード 効果と食べ方

<効果>

食物繊維が多いことから、便秘解消に、肌のキメやハリを整えるから美肌・美容効果がある。他にコレステロール値を下げる働きもあり、生活習慣病予防にもなる。さらにカルシウムも豊富にあり、骨を強くしてくれる。免疫力UPにも貢献してくれるようだ。

<食べ方>

チアシードは水に浸すことで10倍に膨らみ、タピオカに似た食感だという。ヨーグルトに入れると食べやすい。スムージーにもできる。

4位 マキベリー 効果と食べ方

<効果>

アサイーより栄養価が高いと言われているフルーツだ。アサイーと比較されるということは、栄養も効果も似ているということだ。つまりアンチエイジング・美肌効果、眼精疲労の軽減・予防も当然ある。他にも生活習慣病の予防、ダイエット効果、花粉症の軽減・予防もあるのだ。アサイーと異なるのが、のどの痛み・発熱・下痢などの体内の炎症を抑える効果も期待できるところだ。

<食べ方>

ヨーグルトやシリアル、アイスクリームと一緒に食べたり、スムージももちろんいい。パンケーキに入れるのもおすすめだ。

 

5位 キヌア 効果と食べ方

<効果>

キヌアは、小粒雑穀スーパーフードの王様とされている。アミノ酸の栄養価が高く、抗酸化作用が望める。貧血予防や、血流をよくするするため冷え性対策にもよい。植物性ホルモンも含み骨粗鬆症対策や更年期障害対策、生理痛や生理不順の改善にも一役買う。他にも高血圧やむくみの予防効果まであるのだ。

<食べ方>
キヌアは穀物の一種。雑穀ご飯のように白米と一緒に炊いて食べるのが始めやすいだろう。雑穀サラダならぬキヌアサラダもよい。

人気のスーパーフード商品ランキング

スーパーフードはそのまま手に入るのがよいが、商品(加工含む)になってるから手に入れやすいし、摂取もしやすい。ここでスーパーフードの商品ランキングも紹介しておこう。

1位 ホワイトチアシード

チアシードはホワイトとブラックの2種があり、ホワイトチアシードの方がα-リノレン酸を豊富に含んでいるなど栄養価がブラックチアシードより高い。α-リノレン酸は、オメガ3に分類される脂肪酸のことで、体の細胞が正しく機能するために必要不可欠な栄養素のことだ。オメガ3を摂取できるとあって人気だ。

2位 わたしとよりそうスムージー

ホワイトチアシードが含まれるスムージーだ。他にも121種の植物酵素や、もう一つのスーパーフードであるマキベリーまで配合されている。がまんしないダイエットを目指し、コップ一杯でダイエット・美容・健康の3つを同時に手に入れられるというのだ。初めてならば、半額の1袋2,980円からスタートすることができる。1杯あたり約160円だから続けやすいという声もあった。

3位 ビューティーボタニカル

スーパーフードであるアサイーとココナッツオイルが含まれている。他にも美容効果が期待できるカムカムやマキベリーもあり、210種類の植物発酵エキスまであるのだ。ダイエットよりも美容に重視している。1袋60粒入り約1ヶ月分が初回限定540円で、2回目以降も3,960円だ。粒タイプだから、調理するなど手間はない。

4位 スーパーフードマライマリースリム

サプリメントタイプだ。チアシード・ココナッツ・アサイー・スピルリナなど全10種のスーパーフードが配合されている。海外セレブから人気に火がつき、日本のモデルなどに広まっているようだ。スリムサポートとしての機能が大きい。1袋90粒入り約1ヶ月分で、初回は、送料のみ500円負担すれば実質無料で始めれれる。2回目以降は、3,960円になる。

 

5位 WE’RE SUPER FRUITS

名前の通りフルーツにこだわったスムージーだ。スーパーフードのゴジベリー・カムカム・マキベリー・アサイー・アボカドが配合され、他にも150種類の天然酵素が入っている。肌も身体もキレイになるようにと働く日本時女性向けに開発されたものだ。1袋には5g×30袋が入っていて、初回限定980円で始められる。

スーパーフードを選ぶ時に気をつけたい事

スーパーフードが体にいいのは十分に分かっただろう。ただし、スーパーフード全部を食べるのは難しい。どれにしようか悩むだろう。3つの注意点がある。その3つを気にして選んでほしい。

自分の目的にあった効能

スーパーフードは一つの食べ物にも関わらず、豊富な栄養が含まれている。自分がどうなりたりのか、何の対策をするためにスーパーフードを食べるのを考えてほしい。どんな対策をしたいのかは人それぞれの体調によるだろう。しっかり体と相談して選んでほしい。

長く続けられるものを選ぶ(味と値段)

スーパーフードはあくまで「食べ物」であることを忘れないでほしい。効果も即効性があるわけではない。食べ続けることが大事だ。長く食べ続けるならば、味はもちろんのこと、値段も考慮しよう。あまりに値段が高いと続けることができない問題が出る。

オーガニックが安心

そもそもオーガニックとは何か。有機栽培された食べ物のことを言う。まだまだ頭の中に??があると思う。まず、化学肥料や化学農薬を使わず自然を守る・共存することや、保存料や着色料などできるだけ使用せず、自然に近い状態であることだ。つまり、オーガニックの食べ物は、余計な化学物質などを身体に取り込むことなく食べることができる。身体にいい、安全なのだ。スーパーフードだからこそ、オーガニックを選んでほしい。

目的と効能効果で自分にあったスーパーフードを探そう

人気スーパーフードの栄養と効果を見てきた。一つの食品で多くの栄養を体内に取り入れられるのは大いに魅力を感じる。何より健康でいられるのが一番だ。列挙したスーパーフードは、同じような効果が得られるのは、同じ栄養素を含んでいるからだ。もちろん違う栄養素もある。自分にとって一番食べやすいもの、どんな効果を得たいのかを考えそれにふさわしいものを選んで、摂取してもらえると嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です