チアシードの成分を知らないと損する!魅力的な成分を徹底解説

その魅力的な成分から、スーパーフードなんて呼ばれ方もするチアシード。この記事では、そんなチアシードについてご説明致します。チアシードに含まれる成分とその効果はもちろん、注意しなければいけない副作用やおすすめの食べ方までを一挙にご紹介!

チアシードはスーパーフード!含有成分が本当に凄い

健康食品にハマってしまった方なら、誰でもこの食品にたどり着くはず!?

そう、それが今回特集する「チアシード」です。

巷では、「スーパーフード」なんて如何にも健康に良さそうな名前で呼ばれることもあるチアシードですが、実際にチアシードに含まれる成分は、ホントにホントに凄いんです!

この記事では、そんなチアシードについて様々な観点からご説明。健康マニア度をもっともっと上げたい方は、是非とも最後までチェックしてみて下さい♪

スーパーフードと呼ばれるチアシードって?

チアシードってどんな食材?

チアシードは、「ミントの仲間」と呼ばれることがある、胡麻よりも少し大きな球状の種子です。中学校の理科の授業を思い出して下さい、、「種子」とは植物のタネのことでしたね!

そうです。チアシードの正体は、植物の種なのです。

チアシードは何の種なの?

チアシードが植物の種子(タネ)であることは分かってもらえたと思いますが、加えて、「何のタネなの?」という疑問にもお答えしておきましょう。

チアシードは、シソ科アキギリ属という分類がされている「チア」という植物の「種子(タネ)」にあたります。チアという植物は、主にメキシコが原産とされており、昔は、トウモロコシと同じくらいに重要とされてきた作物なんですよ♪

チアシードの含有成分が凄かった

それでは、ここからはチアシードに含まれる成分を見ながら、「チアシードがなぜ凄いのか?」をご説明してゆきましょう。

 

8種類の必須アミノ酸 体内で合成できず、摂取する必要があるアミノ酸。
9種類の非必須アミノ酸 体内で合成出来るが、健康にとって重要なアミノ酸。
たんぱく質 炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素。
食物繊維 大腸機能の安定効果がある。
カルシウム 食生活によって不足しがちなミネラル。
鉄分 現代人に不足しがちな栄養素。
マグネシウム 魚介類などに多く含まれる栄養素。
オメガ3脂肪酸 青魚などに多く含まれる、脂肪酸の一種。

 

どうでしょう、なんだか色んな成分が含まれていて如何にも健康に良さそうですよね・・・!チアシードに含まれるこれらの成分は、どれも身体にとって大事な物質なのですが、中でも注目して頂きたいのが「オメガ3脂肪酸」です。

オメガ3脂肪酸は、現代の人々に不足しがちな脂肪酸(油)であるのですが、このオメガ3脂肪酸を多く含んでいることが、チアシードが注目されてる大きな理由の一つなのです!

チアシードの栄養価を食品と比較してみよう

先程ご紹介したチアシードに含まれてる成分。お次は、その成分量をその他の食品とざっくり比べてみましょう!

  • 食物繊維はオーツ麦の約3倍
  • たんぱく質は赤インゲン豆の約6倍
  • マグネシウムはブロッコリーの約5倍
  • 鉄分はほうれん草の約3倍
  • カルシウムは牛乳の約6倍
  • オメガ3脂肪酸はサーモンの約8倍

どうでしょう。上記の比較は、比べる商品によっても誤差が出てくるのですが、「とりあえず、チアシードには他と比べて沢山含まれている!」という点は感じていただけたのではないでしょうか?

どの成分の比較もチアシードの凄さを物語っているのですが、中でも注目して頂きたいのが「オメガ3脂肪酸」と「食物繊維」です。先程も少し触れたオメガ3脂肪酸は、老化予防に効果があるとされています。また、「食物繊維」は、ダイエットや便秘に効くことで有名ですね♪

チアシードのから得られる効果

それでは、ここからは、肝心の「チアシードでどんな効果が得られる?」ということについてご紹介してゆきます!

ダイエット効果

まずは「ダイエット効果」です。

「ダイエット食品を探していたらチアシードにたどり着いた・・・」なんて人が多いように、チアシードのダイエット効果はとても広く知られています!

チアシードは、「食物繊維が最も多いの穀物」と言われる程、内部に沢山の食物繊維含んでいます。食物繊維が多い食材は、他の食品と比べて満腹感を感じやすいため、ダイエットフードとしてとても優秀であるのです!

アンチエイジング・美肌効果

チアシードには、アンチエイジング&美肌効果があるとされています。これらの効果には、チアシードに含まれる「オメガ3脂肪酸」と「アミノ酸」が大きな役割を果たしています。

オメガ3脂肪酸は、体内の細胞が酸化(老化)するのを抑える効果があり、結果的に、お肌を始めとする身体全体の老化を防止することが期待出来ます。

また、チアシードに含まれるアミノ酸の中には、肌の原料をも言えるコラーゲンを多く作り出す作用を持つものがあり、これも当然、美肌効果に繋がってくるという訳です。

がんの予防効果

ここまで何度も登場している「オメガ3脂肪酸」ですが、この中のαリノレン酸という物質には、抗がん作用があると言われています。

糖尿病の予防効果

チアシードは、生活習慣病全般に良い効果を与えることが多く、現代人の多くが悩まされているあの糖尿病にも、その予防効果があるとされています。

便秘解消効果

チアシードは、「その約40%が食物繊維。」と言われる程に食物繊維がたっぷり詰まった食品です。ですので、チアシードを摂取することで、お通じを良くする効果も期待できるのです。

コレステロール値の改善

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸には、体内のコレステロール値を改善させる働きがあるとされています。

中性脂肪値の低下効果

何度も登場している「オメガ3脂肪酸」は、身体の中でEPAやDHAなどの物質に変わり、中性脂肪値を低下させる効果をもたらします。

アレルギー症状の改善効果

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸は、体内の免疫を整える作用があります。

チアシードを摂取することで、アレルギー症状が改善されるケースもあるようですよ!

うつ症状の予防と緩和効果

チアシードに含まれるアミノ酸や脂肪酸には、精神状態を安定させる作用を持つもの含まれており、これによりうつ症状に効果があるとされています。

鉄分不足の改善効果

現代人に不足しがちな鉄分ですが、チアシードにはこの鉄分も多く含まれていますので、鉄分不足にはうってつけの食品であると言えます!

チアシードの成分をより効率的に吸収するには

チアシードに含まれる様々な成分や、それから得られる効果についてご紹介してきましたが、ここでは「チアシードの食べ方」についてその注意点をお伝えします!

  • 水にきちんと浸してから食べる
  • 1日15g以上の量を摂取しない
  • 加熱をしない
  • よく噛んで食べる
  • ゴマすりのようにすりつぶすとより効果的

上の5つの注意点のなかで、最も注目してもらいたいのが「水に浸してから食べる」というポイントです!

後ほど細かく触れますが、チアシードには「アブシジン酸」という毒性を持つ物質が含まれていることがあります。このアブシジン酸は、チアシードを常温の水でしっかりと戻すと無毒化することが出来ますので、実際に摂取する際にはこのポイントを必ず押さえるようにしましょう!

副作用の症状にもよく注意して

スーパーフードと呼ばれる程に健康に効果のあるチアシードですが、実際に摂取する際には、その副作用についても注意しなければなりません!

  • 腹痛や下痢が起こる
  • 疲労感がある
  • 筋肉がつかない
  • 衰弱してしまう
  • 便秘になる

上に挙げた副作用は、そのほとんどが「チアシードの取り過ぎ」によるものです。チアシードの1日の摂取量は、最大でも大さじ1〜2杯程度とされています。これ以下の量でも副作用が出るケースが少なからずありますので、チアシードを摂取する際には、食べた後の身体の状態にも気をかけるようにしましょう!

副作用が起こるのはどんな成分が原因?

「発芽毒」という毒の成分が…?!

先程も少し触れたアブシジン酸ですが、この物質は、「発芽毒」と呼ばれる毒性を持つ物質です。

この発芽毒は、玄米などにも含まれるケースがあるのですが、免疫力の低下やがんの原因など、身体にとって悪影響を及ぼしてしまうことが知られています。

「じゃあチアシード食べられないじゃん!」そんな声が聞こえてきそうですが、この発芽毒の毒性を無くす重要なステップが存在するのです・・・!

発芽毒の成分は無毒化できる!

10倍の水に12時間以上浸す

チアシードの発芽毒は、チアシードそのものを水に浸すことで無毒化する(毒性を無くする)ことが出来ます。

目安の時間は12時間とされており、この時間をかけてたっぷりの水に浸す前処理が、チアシードを安心して食べる際の大事なステップなのです。チアシードを水に浸す前処理については、商品(チアシード)添付の資料等にしっかり記載されていますので、実際に摂取する場合は十分に目を通すようにしましょう!

チアシードのおすすめな食べ方

それでは最後に、チアシードの「美味しい」食べ方についてご紹介します!

  • スムージーに入れて
  • ヨーグルトと一緒に
  • 醤油と水をプラスして醤油ダレに
  • ポン酢と水をプラスして野菜スティックのタレに

上の食べ方の中でも、女性を中心にダントツで人気なのがスムージーとの組み合わせ!プルプルな食感が特徴のチアシードですので、スムージーやヨーグルトと合わせて食べれば、まるでタピオカドリンクでも飲んでいるような錯覚に陥ってしまうはず!?

チアシードをライフスタイルの中に上手に取り入れよう

ここまでご覧いただきありがとうございます。どうでしょう、チアシードについて、そのスーパーフードっぷりが分かっていただけたでしょうか?

チアシードには沢山の健康成分が含まれていますが、他の健康食品と同様に、取り過ぎや副作用にもやはり注意しなければなりません。ただ、それらに注意しさえすれば、チアシードは「デザート感覚で楽しめる」とても魅力的な健康食品であると言えます!

ヨーグルトやスムージー。それに飽きたらポン酢につけたり、、、アナタも、是非チアシードで健康ライフをエンジョイしてみてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です